Excel VBAマクロの解説

くきおの筋肉マクロ Excel VBAの解説

 トップページ   ActiveXコントロール   乳酸(フォームコントロール薀蓄)   Excelの作業スタッフ化   全部短縮JAN8 

「BakuJAN活用例」の解・体・親・書

親愛なる貴方のために・・・え?誰?

 はじめに
 “Excel”は、日々の数字を扱う業務など、定型的な集計作業に利用されることの多い、言わずと知れた表計算ソフトです。 そのファイルは“ ブック”と呼ばれ、複数の“ ワークシート ”を持つ事ができます。 “ワークシート ”というオブジェクト名通り、ユーザーは、この“ワークシート”で作業を行います。

図:Excelで使うブックの中には、複数のワークシートを持つことができる

 1枚の“ワークシート ”には、最大16,777,216個の“セル”が含まれています。 多くのユーザーは、モニター画面に表示される範囲までを作業範囲として、日々変化するデータを月次の報告書にまとめたり、 製品の型番などを収めた一覧表を作ってみたりと、様々な目的で“Excel ”を使っています。
取り扱うデータはユーザーごとに違えども、それそれの作業の中で、キーボードやマウス操作が一定だったら、 同じ手順を毎日、毎回繰り返すのは非効率ですね。“Excel”には、その拡張機能の一つとして、 “Visual Basic Editor”というプログラミングソフトが用意されています。 この“Visual Basic Editor”を使うと、「Excel=表計算ソフトウェア」という枠を飛び越えて、 定型となっている同じ作業や繰り返している処理を自動化する、オリジナルのマクロソフトを作る事ができます。
“Visual Basic Editor ”には、ユーザーが操作する手順を“VBAマクロ”として、自動的に記録する方法が用意されています。 この機能を使うと、ユーザーはまるでカセットレコーダーのボタンを押すような手軽さで、“VBAマクロ ”というプログラムが組めてしまいます。
最初のうちは、自分で操作した手順が、どのようなマクロとして記録されているのか、ただ眺めているだけでも参考になるでしょう。 また、マクロの自動記録を眺めていると、記録できない操作部分にも気付かれると思います。 「あなたが決めた条件や処理の結果」通りの動作をさせるには、貴方自身がキーボードからコードを入力して、 VBAマクロプログラムを組み立てていく必要があります。

図:Excel付属のVisual Basic Editor を使って、オリジナルのマクロを組む

本書では、VBAマクロを使った様々なExcelの活用方法や、それに合わせたVBAマクロの組み方を解説しています。 実用されているVBAマクロの解説なので、関数やプロパティについて旺盛な知識を持っていても、 ご自身でVBAマクロを組めなかった方へは、参考にしていただくことを期待しています。
実例を基にしたVBAマクロサンプルには、その一つ一つに独立した使い道があります。 それらのVBAマクロを分解しながら、「その部分のコードは、どうなっているのか」、 また、「どうして、そのようなコードにしたのか」というところに重点をおいて解説しています。 VBAマクロプログラムの組み方には、人それぞれの癖があります。 本書以外にも作者によって異なるたくさんのプログラムソースを見て、貴方自身にとって最適な方法を見つけてください。

INDEX

いらっしゃいませ

BakuJAN(JAN・CODE39・QR)
ダウンロード(Vector)

 Excel上での動作をキャプチャーしたデモンストレーションムービーです。 JAN13・JAN8はチェックデジット自動計算、CODE39はヒューマンリーダブルの有無設定、QRコードの連続作成など、 ワークシートデータを使ったスピーディーなバーコード・2次元コードの画像作成と出力(GIF形式)を特徴としています。

競売物件情報HTML取込バッチ
ダウンロード(Vector)



当サイト最新版ダウンロード

 Excel上での動作をキャプチャーしたデモンストレーションムービーです。 競売不動産情報のBITサイトから入手したHTMLファイルをワークシートにクリックアンドドロップで解析。 項目をワークシートへ抽出し、3点セットの保管状況も含めて、容易に管理できるようリスト化します。 汎用リレーショナルデータベース向けフォーマットの、テキストデータの出力もクリックのみで行えます。

ラベルプリンター不要
JANラベルテンプレート
ダウンロード(Vector)


QRコードをポンポン作る
QRスタンパー
ダウンロード(Vector)


テキストファイルをバイナリ暗号化!?
ドコサヘキサ演算
ダウンロード


 Excelの色々な使い方を覚えると、“時間”や“お金”さえも生むことができます。 会社で、例えば勤務表・勤怠管理表・勤務時間計算などとよばれる書類を元に出す人件費。 タイムカードや手書き方式を採用していれば、記入や計算に要する時間・・・、 その時間も“残業ですか?勤務時間ですか?”ってことになって、適当に30分繰越しとかされると、 10人分の管理表計算で5時間の超過残業代?を支払わなきゃならないのは、会社側の痛手です。 その時間単位が1つ(1日に1回とか、一人だけとか)だけなら影響は少ないけど 、回数や同じ作業を行う人数が多いと、かなり影響は大きいですね。 ましてや、“あと1本!契約とってこい!”って感じの締め日なんかだと、 30分の残業代を販促費に、30分の時間を使って営業社員を走らせたほうが、良いわけです。
伝票や帳票を印刷するのにExcelを使っている事業所も多くありますが、 帳票するたびに沢山の入力する事項があったり沢山の項目を選択しなければならないようだと、 それは“金食い虫”ですから、なんとかしなければなりません。
在庫管理、商品管理と帳票印刷の最先端、スーパーマーケットのPOSシステム・POSレジでは、 バーコードラベルとレーザースキャナーを使って、リアルタイムの在庫管理を行っています。 “油性ペン、一個、98円”と一点ずつレジ打ちしていたら、朝までかかってしまいます。 商品情報に番号(4901681502616)を付けて、読み取った側のデータベースと照合して、 金額や商品名をモニターに表示、在庫を落とす。
便利になった分、お客様にとっても無駄な時間だったものが、有効に使える時間へと変わります。 高性能のPOSレジであっても、処理の早い列には人が移動します。 お客様は早く帰って夕飯の支度をしたいし、お店のオーナーは無駄な残業代は払いたくないでしょう。
バーコードを使って情報を受け渡す際に、名称はこの際重要ではなく、不要になってきます。 かえって紛らわしくて邪魔な場合があります。 学校で“鈴木〜ぃ”なんて呼ばれると、3・4人は手を挙げてましたから。 名称が必要なのは対人間のときだけですね。番号で人間が呼ばれる世界もありますが・・・。
番号・ナンバリングとデータベースをつなぐ手段として、バーコード・二次元コード(QRコード)を使うと便利です。 縞模様自体は意味の成さない数列・英数文字列であっても構いません。
バーコードを使ったPOSレジを居酒屋の下駄札で例えてみましょう。 お店側には空の下駄箱があります。これがデータベースです。 そして下駄箱毎に下駄札が割り当てられています。これがバーコードです。 お客様が来店して下駄箱に靴を入れると、店員さんから下駄札を渡されます。 これが仕入した商品にバーコードを割り当ててデータベースに登録、商品ラベルを発行した状態です。
“来店客鈴木さんの焦げ茶色の革靴”という情報は、何処にもありません。 でも下駄札さえ提示すれば、間違いなく自分の靴を渡してもらえます。 仮に下駄札が、「誰の・どんな・なに」という長ったらし情報を持つものだとすると、 “来店客鈴木さんの禿げ茶色の革靴”を間違って渡されることもあるでしょう。
「おいしい牛乳」「おしい牛乳」「おいにい牛乳」「おっきい乳牛」「おしりに注入」状態です。 このような情報をコンピュータは殆ど間違えないでしょうが、人間には間違いやすい不便な情報になります。
さて、【BakuJAN改.xls】のライセンスを購入していただいた方は、 以下のサンプルVBAマクロのパスワード解除バージョンが入手できます。 ライセンスは3,150円ですが、ソースコードを書籍に換算しても余りある内容だと思います。 サンプルをお使いになって、「あ!この動きをさせたいんだよなぁ。」と思ったら、迷わずライセンスキーを御購入ください。 あなたが試行錯誤している時間的ロスは、3,150円より高いですか?安いですか?
  • チェックボックス動的作成[ CheckBox ]
  • オプションボタン動的作成[ OptionButton ]
  • テキストボックス動的作成[ TextBox ]
  • リストボックス動的作成[ ListBox ]
  • リストボックス動的作成[ ComboBox ]
  • トグルボタン動的作成[ ToggleButton ]
  • スピンボタン動的作成[ SpinButton ]
  • イメージコントロール動的作成[ Image ]
  • スクロールバー動的作成[ ScrollBar ]
  •  


    リンクフリー

    Microsoft(R) Excel、Microsoft Visual Basicは米国Microsoft Corporationの米国 およびその他の国における登録商標または商標で、Microsoft Corporationの ガイドラインに従ってソフトウェアの画面写真を使用しています。